差し歯とどう違うのか疑問

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。 差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。 つまり、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、利用することは不可能です。 対して、インプラントは差し歯と... Read More

Read More »

周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながる

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は無視できないものがあります。インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが次のステップに進むための条件です。組織の形成や血液... Read More

Read More »

悩みが尽きない入れ歯と決別するた

悩みが尽きない入れ歯と決別するためにインプラントにしようと決心しても、手術自体が恐ろしくて最初の一歩が踏み出せない、という方もいらっしゃいます。恐怖心があるとどうしても治療全般にわたって無駄に大きい反応をしてしまい、危険な状況を自らの手で作り出してしまいます。 実は嬉しいことに、恐怖心を感じなくなる... Read More

Read More »

インプラント治療の目的は、喪失した歯を取

インプラント治療の目的は、喪失した歯を取り戻すたことにあります。 歯科医院はコンビニよりも多いですが、インプラントを実施している歯科医院は全体の約20%に過ぎません。 その中から信頼できる歯医者さんを見つけることが重要です。インプラントは死ぬまでもつのかが気になりますが、正直なところ断言できる人はど... Read More

Read More »

最近よく聞くようになったインプ

最近よく聞くようになったインプラント。差し歯とはどう違うのか見てみましょう。決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。 差し歯は、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。ですから、抜歯してしまって歯がない場合は利用することは不可能です。では、... Read More

Read More »

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大き

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部を支えとして残すことができれば冠状の義歯としてクラウンという義歯をはめられます。 根元から歯を抜いたときの選択としては、もし、入れ歯を採用... Read More

Read More »

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。けれども定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその費用もみておかなければなりません。使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診を受けるように言われます。 メンテナンスの費用は保険が適用される治療がほとん... Read More

Read More »

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うごく一般的なインプラント治療でも、院内感染の可能性は否定できません。 その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが大事だと心得てください。 院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策につい... Read More

Read More »

最近よく耳にするインプラントは

最近よく耳にするインプラントは、何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。 従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので自分の歯と同じような強度があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続け... Read More

Read More »